壁リフォームのおすすめの業者は?

壁のリフォーム(クロス張替え)を考えた時、「壁のリフォームっていくらぐらいかかるの?」「壁リフォームの適正価格を知りたい!」「悪徳業者とは一切関わりたくない!」

 

こういった方が大半を占めると思います。

 

その中でも

 

「すぐに複数のリフォーム業者と交渉したい!」

 

あるいは、

 

「匿名でとりあえずリフォーム業者の概算価格を知りたい!」

 

という方がいらっしゃるとおもいます。

 

どちらの方でも無料で活用できるリフォーム業者の一括見積もりサービスをご紹介します。ぜひご自身に合ったサービスを活用してみてください。

 

また、できるだけ沢山のリフォーム業者の料金を比較したい方は、両方のサービスに登録すると、より効率的に比較検討できるのでおすすめです。

 

匿名で概算を知りたい 今スグ交渉したい!!

リノコ相場
→完全無料で10秒入力

リショップナビ一括見積り
→完全無料で30秒入力

壁のリフォームの種類とメリット

壁リフォーム相場

 

慣れ親しんだ家でも部屋の中を良くみれば、壁に小さな傷やへこみなどを見つけることができます。部屋の壁は内装として最も面積の広い箇所で、目につきやすい部分でもあるため、普段の生活の中でも小さな傷やへこみでも、そこにあると気になってしまうものです。

 

小さなものならホームセンターなどに補修キットがあるのでそれを使えば良いですが、すでに覆い隠すのが難しいといった場合は壁リフォームを業者に依頼すること検討してみると良いかもしれません。壁リフォームとひとことで言っても色々な工事があるので、実行する前にどのようなメリットがあるか確認しておきましょう。

 

最も手軽にできる壁リフォームは、模様や色合いを決めることのできる壁紙の張り替えです。壁紙には模様や色合いを違うものに張り替えるだけで部屋の雰囲気がガラッと変わるので、心機一転したい時などに重宝します。素材もビニール樹脂が主流ですが、中には織物や紙、コルクなど素材感の強く出るものも多いので、他にはない特徴を出すつもりで選ぶのも良いかもしれません。

 

もう少しこだわりのある壁リフォームを目指すなら、天然素材を使用した漆喰または珪藻土による塗り壁を検討してみましょう。漆喰は古くから用いられる建材のひとつで、耐熱性や防音性が高く、湿気によるカビもつきにくい特徴を持ちます。また、パターンが豊富で洋風から和風まで、様々なデザインに対応できるのも強みと言えます。同じく珪藻土は色のバリエーションが豊富なため、部屋の雰囲気にこだわる場合に最適な素材です。

 

漆喰より珪藻土の方が調湿性が優れていると言われており、湿気にかなり強い素材となっています。これ以外にも、さらに調湿性に優れたタイル建材があります。こちらは微細な孔を持つタイル状の素材で、湿気を吸収したり、室内の汚染物質を吸着するなどの特徴を持ちます。壁紙の上から貼り付けることができ、全面でなくとも一部だけタイルを貼るだけでも雰囲気が大きく変わるため、モダンな部屋作りに最適な素材となっています。

リフォームのトラブルはこうやって防ぐ

壁リフォーム費用

 

自宅のリフォームをした際に、トラブルになることもあります。中でも多いのが施工不良で、リフォームが終わった次の日に雨漏りや壁紙の剥がれなどが起こることもあるのです。そのようなトラブルを防ぐ方法としては、まず複数の業者に見積もりをお願いすることです。
なぜならすぐに不具合が起こるのは、安価な材料を使っていることが考えられます。そのため何社かのリフォーム料金と比べて、極端に安い金額を提示するところは避けるようにしましょう。それ以外にも手抜きや技術不足によっても起こります。そこで工事中はできるだけ立ち合うようにします。ただし、時間がない、あるいは見てもわからないのであれば、第三者の業者に依頼して監視してもらうと良いです。

 

次に起こりうるリフォーム時のトラブルは、完成したものが想像していたのとは違うという点です。これらの多くは、業者と施主とのコミュニケーション不足が原因です。実は見積もりの段階で行き違いが起こっていることもあるため、聞き慣れない言葉があればその都度聞いておきます。加えて、後になって言った言わないになると収拾がつかなくなります。それを防ぐには、打ち合わせをする時には必ずメモを取りたいものです。可能であれば録音しておく、あるいは工事内容を書面にしてもらうのも良い方法です。

 

工期の遅れというのも、トラブルになる可能性があります。事前にスケジュールを聞いておき、毎日どれだけ進んだか報告を受けるようにしたいです。もしも遅れているならその理由を聞き、納得できないなら監督に抗議すれば改善されることも珍しくありません。しかし、予定通りに工事が行われないのは、必ずしもサボっているとは限らないのです。実際にやってみないとわからないですし、天候などによって左右されることも少なくないからです。屋外のリフォームの場合、雨が降ると作業ができません。仮に室内だったとしても、湿度が高い日が続くと接着剤が乾かないといった事態にもなります。下手に急がせると、手抜きやミスにつながるかもしれないので、ある程度は我慢も必要です。

リフォームの種類による減税の種類

壁リフォーム見積

 

居住用の住宅をリフォームした場合、そのリフォーム工事が一定の要件を満たす時は税金を安くする事ができます。このリフォーム減税が適用される工事内容は耐震、バリアフリー、省エネのリフォーム工事に加え、同居するために必要な工事を行う同居対応の4種類であり、その工事内容やローンの有無などに応じて所得税や固定資産税が減税されます。なお、所得税の減税は工事費用に自己資金を充当した場合の投資型と、借入金を充当した場合のローン型に分類されます。

 

耐震工事をした場合、所得税では補助金等を差し引いた後の工事費用の10%を控除する投資型のみを適用でき、固定資産税では翌年分の税額が半額となります。バリアフリー工事と省エネ工事をした場合、所得税では投資型のほかにローン型が適用でき、固定資産税では翌年分の税額の3分の1を減額します。なお、ローン型とは、補助金等を差し引いた後の工事費用と250万円を比べていずれか低い方の金額の2%に、バリアフリー以外の工費費用の年末ローン残高の1%を加算した金額を控除する方法を言います。同居対応工事をした場合、所得税で投資型とローン型を適用する事ができますが、固定資産税を減税する事はできません。

 

また、これらの減税は併用する事ができるケースもあります。例えば投資型の耐震工事は投資型およびローン型の各工事との併用が可能であり、投資型のバリアフリー、省エネ、同居対応の工事は投資型の各工事と併用可能ですが、ローン型との併用はできません。なお、固定資産税ではバリアフリー工事と省エネ工事が、住宅ローン減税では投資型の耐震工事のみが併用可能であり、所得税の減税と固定資産税の減税は工事に関係なく併用可能です。これらの制度を適用する場合、所得税では確定申告、固定資産税では固定資産税の減額申告が必要となります。所得税でも固定資産税でも、それぞれの工事によって手続きに必要な書類や証明書が異なりますので注意が必要です。

自然素材による内装リフォームの種類

壁リフォーム一括見積

 

家を綺麗に整えたいと考える人は最近増えています。また経年劣化した自宅のリフォームなどを考えている人も多いでしょう。例えばどのようなパターンがあるかというと、外観は変えずに内装だけを綺麗にしたいという依頼でしょう。内装を変える為の工事は、一ヶ月程度となります。例えば、内装リフォームには様々な種類がありますが、最近注目を集めているのは自然素材を利用した壁材などを使ったリフォームです。自然素材にも種類がいくつかあり、自分の目的や好みにあわせて選ぶと良いでしょう。

 

壁材の自然素材の代表といえば漆喰です。自分たちで塗る事もできるので、思い出作りと経費削減で現場でお手伝いをできるのは貴重な経験です。漆喰の中でも種類が豊富で、機能もそれぞれ違うのです。漆喰は余計な成分が入らず、アレルギーの原因となる物質も抑えられています。小さな子供や赤ちゃんがいる家庭にはぴったりの素材です。天然素材でできているので、家の中に有害物質が入る事もなく清々しい空気がひろがります。更にシックハウスなどによる喘息などの症状も出にくくなります。一番のメリットは壁紙と違い経年劣化を防げるという点です。はがれたりすることがないので、塗り壁はリフォームの現場では多様される方法です。

 

他にも内装工事では自然素材の木などを利用して、空間や間取りを変える方法もよくみられます。木を張ったり、腰壁を作ったりするだけで雰囲気をぐっと変える事ができます。またフローリングを無垢材の床へ変える方法もよく用いられています。こうすることで、小さな子供が裸足で歩いても快適な空間になります。素足が気持ちいいと感じる事ができるのが無垢フローリングの一番の魅力でしょう。このように、家作りや空間作りをする時に大切なことは、自然素材を上手に利用して暮らしやすい家を作る事です。自然素材は健康にもよく、子供や赤ちゃんにも悪影響を与えないので積極的に利用していきたい素材です。

リフォーム工事が新築工事と違うポイント

壁リフォーム申込

 

マイホームのスタイルは様々ですべての人が新築の家を建てるとは限らないです。自分たちの都合や予算に合わせてどのような家を作るのかを考える事が重要でしょう。例えば予算があまりなかったり、既存の土地や古家を生かして設計をしなければいけないときに、リフォーム工事で家を建てるという方法があります。リフォーム工事は、既存の建築物を生かして間取りを変えたり、デザインを変更するなどの工事をします。新築を建てるよりは経費を安く抑える事ができ、なおかつ自分の好きなテイストで仕上げられる点が良いでしょう。新築工事のように土地探しなど一から家作りをする必要がない為、工期の短縮にもつながります。

 

リフォーム工事は新築と違って、基礎の部分などはすべて建っている家を生かす為、補強工事や耐震性などを設計の段階で細かく決めておくと安心です。新築では家を作る為に莫大な材料や費用がかかりますが、それに比べるとリフォームはあまりお金をかけずに、家を全く違う空間へ変える事が可能です。例えば部屋を一つの大空間にするなどの大規模な間取り変更もすぐにできます。また、設備などは取り換える為、新築ではありませんがキッチンやお風呂など新しい設備に囲まれて暮らせる点は新築と同じでしょう。

 

また、新築の場合すべて最初から家を建てるので平均で4ヶ月弱の工期を必要とします。しかし、リフォームは一部分だけを新しい空間へと変える工事なので工期も1ヶ月程度しかかからないなどのメリットがあります。工期が短く設備などは新品になり、コストは抑えられるとあって最近注目されている分野です。リフォームを依頼するときに大切なことはいくつか業者をピックアップすることです。見積もりなどをとるとどれくらいの金額で請け負ってもらえるかがわかり、参考になるでしょう。また、実際に施工事例などを載せている工務店やハウスメーカーがあるのでそれらを参考にすることも、失敗しない方法といえます。